Webデザイナー

Webデザイナーの仕事内容や持っていると良い資格について

Webデザイナーとは

Webデザイナーとは、ホームページ(Webページ)のデザインを行い、作る仕事です。ホームページクリエイターやホームページデザイナーとも呼ばれています。企業や学校、自治体などから依頼を受けて、ホームページを作ります。

クライアントからの要望を聞いて企画書を作り、ページ構成やデザインを決めて、プログラム、サーバーへのアップロードまでを行います。

Webデザイナーになるには、専門学校などでコンピュータやWebデザインについて学んだあと、広告制作会社やWebデザイン会社に就職してなる方法と、フリーでWebデザイナーになる方法があります。資格は要りませんが、関連資格として、マルチメディア検定などがあります。

この検定は、インターネットでの画像や音声など 正しい知識や加工技術、デジタルコンテンツ制作などに関わる検定で、Webデザイナーの 仕事を行うときに役立つ資格です。

Webデザインは、アイディアが大切で、打ち合わせをしっかりと行うことが重要です。デザインセンスやHTML言語の知識はもちろんのこと、コンピュータグラフィックやJAVA言語、文章力など色々な技能や知識が必要です。

また、他のホームページのデザインをよく観察して良いところを取り入れたり、新しい技術を勉強するなど、日ごろから知識を吸収することが大切です。

資格名

マルチメディア検定

分類

民間資格

受験資格

特になし

試験内容

<2級>マルチメディアの基礎、メディアの処理技術、コンテンツ制作とプログラミング、コンピュータとインターネット、生活を豊かにする道具など。
<3級>マルチメディアの特徴、マルチメディアの処理、家庭のマルチメディア化、基本的なインターネットサービス、セキュリティーと著作権など。

試験日

6月、11月

試験料

<2級>5,500円 <3級>4,500円

試験地

全国主要都市

合格率

<2級>27.9% <3級>72.2%

問合せ先

CG-ARTS協会 03-3535-3501