システムアナリスト

システムアナリストの仕事内容や持っていると良い資格について

システムアナリストとは

システムアナリストとは、コンピュータを企業などに導入するとき、導入計画を立て、 どのシステムが最適か調査したり、導入されたシステムが最適であるかどうか、セキュリティ対策はしっかりしているかなどの監査を行う専門職です。

別名システムプランナー、システムデザイナーとも呼ばれています。コンピュータのシステムは様々なものがあり、各業界のニーズによっても変わるものです。

システムアナリストは、システムエンジニアを統括する、プロジェクトリーダー的存在であります。女性の進出は少ないほうです。

システムアナリストの職場としては、ソフトウェア専門会社や、企業の情報システム部などがあります。

大学卒業程度の学力と、情報システムの知識がないと、就職は難しいでしょう。システムアナリストになる人は、 最初はプログラマー、システムエンジニアの経験を積んで、システムアナリストの仕事をするのが一般的です。

資格には、システムアナリスト国家資格があります。システムアナリストには、色々な業種の人と接する機会が多いので、コミュニケーション 能力が必要です。また、各業界の知識や管理能力、分析力を必要とします。

資格名

システムアナリスト

分類

国家資格

受験資格

特になし

試験内容

(1)コンピュータシステムやセキュリティなどの知識
(2)技術の応用・実務能力
(3)小論文

試験日

10月第3日曜日

試験料

5,100円

試験地

全国各地

合格率

9.8%

問合せ先

独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター 03-5978-7600

システムアナリストの認知度はまだまだ低いですが、コンピュータを導入する企業が今後ますます増えていくと予想され、活躍が期待されるでしょう。