ITコーディネーター

ITコーディネーターの仕事内容や持っていると良い資格について

ITコーディネーターとは

ITコーディネーターとは、経営とITの両面を詳しく熟知し、企業の経営に役立つIT投資を推進するために、国家プロジェクトの一環として誕生しました。

NPO法人ITコーディネータ協会が主催し活動を支援する、「IT革命の人的切り札」とも呼ばれる「経済産業省推進資格」です。IT戦略策定やITのサービス活用の仕方までIT経営を全体的にサポートします。

ITコーディネーターの試験に合格すると、実践的なケース研修を受け、経営改革における即戦力としての実践的な技術を身につけます。資格のメリットとしては、経営者や公認会計士、税理士などといった職種の方にITの知識を向上させて有効に活用できるようにすること。ITコンサルタントやベンダー企業で働く人たちにとっては、経営の知識を深める事で経営課題への効果的なアプローチをすることができます。

ITの導入によって、コスト削減・売り上げを高める・ホームページからの顧客対応などといった現象も見られ、インターネットを活用することによって、業務改善することができた会社も数多く出てきています。
今後、ITはますます社会に浸透していく傾向が見られ、ITコーディネーターの仕事も活躍の場がさらに広がってゆくと予想されます。

資格名

パソコンインストラクター資格認定試験

分類

民間資格

受験資格

20歳以上であり、パソコン技能検定Ⅱ種試験2級以上を取得している者。
またはMOS2000一般以上の取得者。
<1級>パソコン指導歴3年以上の者
<2級>パソコン指導歴1年以上の者

試験内容

<1級>基本ソフト、アプリケーションソフト、インターネットに関する高度な知識など。

<2級>ハードウェアに関する応用知識、パソコンに関する一般知識など。

試験日

詳細はお問い合わせ下さい。

試験料

<1級>21,000円

<2級>14,700円

試験地

詳細はお問い合わせ下さい。

合格率

<1級>約40% <2級>約80%

問合せ先

(財)全日本情報学習振興協会

移動販売業とは

固定の店舗を持たず移動しながら販売することができる職業で、たこ焼きの移動販売や屋台のラーメンなど昔からある営業スタイルです。SNSが人々の生活に浸透している今、見栄えの良いワンハンドフードなどの提供する商品やお洒落な販売車などに注目が集まり、形を変え新たにブームとなっていることから移動販売の需要が高まっています。さて、開業するにあたり、まず必要になってくるのが店舗や移動手段となる専用車です。移動販売の営業方法としては販売のみと調理販売の大きく分けて2種類あり、必要な調理機器や使い勝手によって内装のデザインも変わってきます。その販売車を手に入れる方法として、専門の業者に販売車を制作してもらう方法があります。ベースとなる車は自身で用意されたものでも良いですし、制作業者が用意してくれる車両を使うこともあります。次に内装と外装ですが、外装には集客できそうな目を引くデザインや店名のロゴをラッピングする方が多いです。何を販売しているのか一目でわかるようにデザインすることもポイントの一つです。内装は自分が調理し販売するところですから、一番譲れない部分になってくるかと思います。調理や販売のシュミレーションをし一番効率の良い造りにすることによって作業スピードが上がり、回転率も向上させることができます。全体的にかかる費用として固定の店舗に比べて低価格で抑えることができるので、その分使うものや食材にお金を回せたり、ガソリン代にあてることもできますよ。特に初めて移動販売を開業する方にはランニングコストもあまりかからない軽車両の移動販売車がおすすめです。

ケータリングカーをお探しなら埼玉の神根自動車販売